冠婚葬祭 マナーについて

冠婚葬祭のマナーについて

冠婚葬祭とは、元服、婚礼、葬儀、祖先の祭礼、という日本古来の四つの大切な儀式をさします。現代においては、元服は成人式に置き換えられ、また祖先の祭礼とは七回忌などの法事に当たるということができます。このような様々な儀式には、古くからのマナーがあり、それを守らないと常識が無いとみなされてしまうわけですが、家族の結びつきが薄くなったり、核家族化や少子化が進みそもそもこのような儀式を経験する機会が減少している今、それぞれの儀式の細部まで熟知している人は減ってきています。また、同じ日本の中であっても、地方によってマナーに違いが有る場合があり、例えばそれぞれの儀式に出席した場合にどの程度のお金を包むのが良いか、という相場のようなものも、地方地方で異なることがあります。自分の知識に不安がある場合には、年長の、冠婚葬祭に精通している家族や親戚にアドバイスを求めるとか、関係の専門業者に相談するなどして、マナーを守ることを心がけることが大切です。

Copyright(c) 冠婚葬祭 マナー All Rights Reserved.