banner

冠婚葬祭のマナーとは

banner 冠婚葬祭において、マナーはとても大事になります。自分ではちゃんとしているつもりでも、周りからみたら非常識に映っているのかもしれません。それだけで自分の品格を下げてしまっては大変です。では、どうしたら良いのでしょうか。例えば結婚式などでは、祝辞を述べる時に、終わる、切れる、等の言葉は忌み言葉として敬遠されます。また、服装も結婚式だからと言ってあまり派手な格好もしないほうが良いでしょう。特に女性は新婦より目立ってしまってはいけませんね。ワンピース等の控えめな格好がマナーとして良いと思います。次にお葬式の場合ですが、通夜の時は服装は男性なら黒色のスーツと黒色のネクタイ、女性なら黒色のスーツや黒色のワンピースといったものが好ましいのですが、濃紺やダークグレーなどの地味な色の服装でも大丈夫です。葬儀や告別式の時は男性、女性、共に黒色のスーツになります。女性はワンピースでも大丈夫です。小物類ですが、派手な時計(ゴールドなど)やブレスレットは外します。男女共に、結婚指輪程度に留めておきましょう。冠婚葬祭は人生において、ほぼ全員が経験するであろう行事です。ならば、最低限のマナーは身に付けておきたいものですね。

和装で誓う愛は日本の美で彩られていました。想い出結婚式では和のオーダーメイドウェディングで二人を祝福します。

歴史深い神社・仏閣で荘厳な結婚式を行いませんか?

株式会社ヤマダ電機

マタニティ写真 東京

神前式を華やかに演出

関連情報一覧

banner
日本には古くからの色々なしきたりがありますが、特に冠婚葬祭の時のマナーは知っておく必要があります。特

葬儀の場合の香典についてのマナー

banner
冠婚葬祭と聞いてまず思い浮かぶのは結婚式だと思います。新郎新婦の幸せそうな顔を見るのは、こちらまでと

冠婚葬祭のマナー 女性の服装について

banner
冠婚葬祭とは、元服、婚礼、葬儀、祖先の祭礼、という日本古来の四つの大切な儀式をさします。現代において

冠婚葬祭のマナーについて

Copyright(c) 冠婚葬祭 マナー All Rights Reserved.