冠婚葬祭 マナーについて

葬儀の場合の香典についてのマナー

日本には古くからの色々なしきたりがありますが、特に冠婚葬祭の時のマナーは知っておく必要があります。特にお葬式の場合は家族が悲しみの中にあるので、きちんとしたマナーを身につけておきたいものです。仕事関係の葬式などでは相手の宗教がわからない時があります。そのような時は香典の書き方は御霊前にします。これはどのような宗教でも使える言葉です。お通夜でも葬儀でも使えます。気を回しすぎて間違った言葉を書くよりも、どの宗教でも通用する御霊前を使うのが安全です。また香典は通夜か葬儀のどちらかに持参すればよいものです。両方に出るからといって2回出す必要はないのです。金額は故人や遺族との付き合いの深さによって決まります。ただし4万や9万といった数字を使うのはマナー違反です。1万円、2万円、3万円などキリのよい金額を香典袋にいれることです。また事情があって出席できない場合は、不祝儀袋ごと現金書留封筒に入れて、それにお悔やみの言葉を添えて送ることになります。

Copyright(c) 冠婚葬祭 マナー All Rights Reserved.