冠婚葬祭 マナーについて

冠婚葬祭のマナー 女性の服装について

冠婚葬祭と聞いてまず思い浮かぶのは結婚式だと思います。新郎新婦の幸せそうな顔を見るのは、こちらまでとても幸せな気持ちになりますね。しかしマナーを守って出席しなければ、他の参列者や両家の方々に悪い印象を与えてしまいます。服装をとって言えば、女性の場合気をつけなければいけないことがいくつかあります。最近の傾向では良しとされることも増えましたが、2カラーのドレスはいけないとされています。売り場などでディスプレイされているのを見るととてもきれいに見えますが、参列者の中にはよく思わない人もいるかもしれませんので、もし他にドレスを持っていなければ、招待者である新郎や新婦に聞いてみるとよいでしょう。また、おおむね若い女性に見られますが、つま先の開いたミュールを履く事、羽織ものにファーのついたものを着ることもマナー違反です。店員さんの中でもそういったマナーを知らず、「かわいいですね。とても似合ってますよ」と薦めているのをよく目にします。とても残念なことです。華やかに着飾りたい気持ちはわかりますが、自分以上に招待してくれた新郎や新婦に迷惑がかかることは避けたいですね。ルールの中で自分の個性が出せるよう、身だしなみにも気をつけたいものです。

Copyright(c) 冠婚葬祭 マナー All Rights Reserved.