冠婚葬祭 マナーについて

冠婚葬祭の服装マナーについて

冠婚葬祭は誰にでも一生に数回は訪れる行事です。いざ本番となった時に恥ずかしい思いをしないように基本的な冠婚葬祭の服装マナーについて書いていきたいと思います。まず、結婚式の場合、男性は普段会社で着ているスーツやタキシードを着用し、小物はハンカチをポケットから見せたりネクタイを柄ものなどにします。女性はお祝いの華やかさを演出するワンピースやドレス、着物などが一般的です。ピアスやネックレスも女性らしくプラスすると良いでしょう。次にお葬式や通夜の場合、男性は結婚式と同様スーツを着用しますが、ネクタイはなるべく黒や紺などのモノトーンを選ぶのがマナーです。靴も黒が良いでしょう。女性の場合は喪服のワンピースやスーツなど結婚式とは真逆でとにかく飾らないことが常識です。アクセサリーはパールであれば着用可能です。メイクはしないか、出来る限り薄くして素に近い状態にするのが良いです。このように場に合わせてふさわしい服装を選びましょう。

Copyright(c) 冠婚葬祭 マナー All Rights Reserved.